花季はなごよみで過ごす
理想の休日

淡路島のゆるやかな時の流れの中、澄んだ空と蒼い海に包まれる。
息をのむ別世界のような光景が昨日までの日常を記憶の彼方へ―。
“古茂江の岬” と名付けられたこの場所で、心華やぐ1日を。

空と海の絶景から始まる花季での休日

エントランスを抜けた瞬間、圧倒的な景色に心奪われる。テラス越しに広がる淡路島東海岸の空と海の絶景が別世界へ誘う。紀淡海峡が一望できるお部屋で寛ぎ、海が間近に迫る露天風呂やグループホテルの湯巡りで温泉を満喫、淡路島の旬の食材が味わえるお料理…期待に胸を膨らませながらチェックイン。

空と海の絶景から始まる花季での休日

空と海の絶景から始まる花季での休日

色とりどりの浴衣が並ぶ彩浴衣ブティックでお気に入りの一着を選ぶ。華やかな彩浴衣を纏って海辺の散歩やグループホテルの湯巡りなど、ちょっぴりおしゃれ気分で旅先の時間を過ごせば思い出も鮮明に。

花

紀淡海峡が一望できる居心地の良い客室

紀淡海峡が一望できる居心地の良い客室

旅のスタイルに合わせたとっておきの一部屋を。露天風呂付「波瑠香」はお部屋に居ながら洲本温泉が満喫できるワンランク上の客室が2タイプ。開放感あるオープンテラスや室内にテラスを取り込んだインドアテラスから紀淡海峡を一望できる。レギュラータイプには居心地の良い和室や和風ツイン。選べる全4タイプの海を望むお部屋。

紀淡海峡が一望できる居心地の良い客室

大きな窓の傍らは、海と空のキャンバスを眺めるための特等席。移りゆく景色に見とれながら寛ぎのひと時を。

紀淡海峡が一望できる居心地の良い客室

眼前の海を眺めながら洲本温泉を満喫

眼前の海を眺めながら洲本温泉を満喫

間近に海が迫る露天風呂で湯浴みを愉しむ。日常では聴こえてこない風や波のささやきに耳を傾けていると、まるで自然と一体になったかのような錯覚すら覚える。泉質は洲本温泉を源泉にした、美肌効果が期待できるアルカリ性単純温泉。なめらかな肌ざわりで体にしっとり馴染んでくる。

眼前の海を眺めながら洲本温泉を満喫

温泉の後は古代ハワイアンの伝統的な癒しを体験する。心と身体の緊張をときほぐす、世界で最もスピリチュアルなヒーリングマッサージとも言われる「ロミロミ」で、新たな自分に生まれ変わる。

花
花

パノラマに海を見渡すオープンテラス

パノラマに海を見渡すオープンテラス

テラスに隣接した海辺のカフェで和みのひと時を。一面に広がる美しい海を眺めながらゆったり寛げる素敵な空間。サイフォンで淹れるこだわりのコーヒーや紅茶など、豊富なドリンクメニューの他にも和スイーツも楽しめる。

夕食までの時間はNAGISAテラスへ足を運ぶ。開放感あふれるウッドデッキテラスでは、時の流れを忘れてしまうほどの空と海のパノラマの絶景が目の前に広がる。頬をなでる心地よい海風、そして聴こえてくる潮騒の音、月明かりで星空のように煌めく海を眺めていると、心までもが輝き始める。

パノラマに海を見渡すオープンテラス

花

島の贈り物が届く旬鮮ダイニング

近くの漁港から四季折々に新鮮な魚が運ばれる居酒屋風ダイニング。島の食材をちりばめた料理をじっくり味わえる居心地の良い空間には、掘り炬燵席やソファ・椅子席、個別椅子テーブル席など、様々な席タイプが揃う。「新鮮・あつあつ・作りたて」がキーワードの旬鮮ダイニング。

島の贈り物が届く旬鮮ダイニング

島の贈り物が届く旬鮮ダイニング

古くから皇室や朝廷に海産物を中心とした数々の食材を納め、御食国(みけつくに)と称されてきた「淡路島」は、美味しい食材が溢れる食の宝箱のようなところ。豊かな海と肥沃な大地に育まれた旬の食材を作りたてのご馳走で。

島の贈り物が届く旬鮮ダイニング

花
花

グループホテルの湯巡りを楽しむ

海辺の回廊を渡ってグループホテルの湯巡りへ。ホテルニューアワジの「淡路棚田の湯」「くにうみの湯」、淡路夢泉景の「天宮の雫」、趣の異なる3つの大浴場と2つの源泉で思う存分温泉を満喫する。

閉じる
LANGUAGE

CLOSE

閉じる

ご予約

宿泊
飛行機+宿泊

2020年3月6日15:00
に新しい予約システムへ移行いたしました。
詳細はこちらから

電話でのお問合せ
TEL0799-22-2521

CLOSE