メルマガ バックナンバー

  • HOME
  • メルマガ バックナンバー
2014/11/13 10:17:28
  • 渚の荘 花季 メンバーズ通信 No.29

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         渚の荘 花季 メンバーズ通信 No.29

      http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2014年11月13日■□■

皆様、こんにちは。
渚の荘 花季の下薗です。

近頃は秋の深まりを見せ、朝晩の気温はずいぶんと肌寒さを感じるように
なりました。北国からは初氷や初雪の便りも届き始めましたが、皆様体調
など崩されていらっしゃいませんでしょうか?季節は立冬を迎え“暦の上”
では冬の到来です。暦便覧でも「冬の気立ち初(そ)めて、いよいよ冷ゆれ
ばなり」と、まさにこの頃から冬が訪れることを詠っています。

淡路島の酒蔵では蔵人達が蔵入りし、寒仕込みを始めました。寒い冬に鍋
を囲みながら美味しいお酒を頂けるのも、もうひと息といったところでし
ょうか。

といいましてもお昼間は暖かく、天気予報でも今年の11月は穏やかな日が
続くとのことですので、まさに今がシーズンの紅葉もしばらくは見頃が続
きそうですね。今回のメールマガジンでは、そんな秋と初冬両方の季節を
楽しめる今の時期にお勧めの食や観光スポットをお届け致します。

それでは「渚の荘 花季 メンバーズ通信」のスタートです。
ぜひ最後までお付き合いくださいませ。


━━<INDEX>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■トピックス

[1] 淡路島3年とらふぐを食べて当てよう! 三つの福キャンペーン♪
[2] 淡路ビーフ「チャンピオン牛」を味わうSpecial Days
[3] 淡路島にまた一つ、新ご当地グルメ“生サワラ丼”が登場!
[4] 歴史ロマン溢れる弥生時代の遺跡“五斗垣内遺跡”
[5] 2014 すもとの夕日フォトコンテストのご案内

■神戸ベイシェラトンホテル&タワーズWhat's New?

■編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 淡路島3年とらふぐを食べて当てよう! 三つの福キャンペーン♪
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=283
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、淡路島の冬のブランド食
材といえば“淡路島3年とらふぐ”。淡路島の南、鳴門海峡の程近くで3
年の歳月をかけ、じっくりと育てられたとらふぐは一般的な2年物に比べ
1.5〜2倍もの大きさになり、身の締まりも抜群に。

さらにとらふぐの身は高タンパクで低カロリー、何せ脂肪分が殆どありま
せん。皮(てっぴ)はコラーゲンたっぷりで、言わずと知れた美肌に効果あ
りと、女性にはとっても嬉しい冬の味覚の王様です。

そんな淡路島3年とらふぐを「食べて・買って」景品が当たる、淡路島3
年とらふぐ・三つの福キャンペーンが今年も始まりました!
平成27年3月15日(日)までの期間中に淡路島3年とらふぐを購入、もしく
はお召し上がり頂きますと、スクラッチ付き証明書兼応募ハガキが貰えま
す。渚の荘 花季でも、もちろん淡路島3年とらふぐをお召し上がり頂け
る2つのプランをご用意致しておりますので、この機会に是非どうぞ。

◆淡路島3年とらふぐ 特集ページ◆
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=282

◆淡路島3年とらふぐを愉しむプランはこちらから◆
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=283


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 淡路ビーフ「チャンピオン牛」を味わうSpecial Days
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=285
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

柔らかくまろやか、風味豊かな極上の美味しさ・・・。

長年にわたり他県産牛との交流を避け改良に改良を重ねて受け継がれた優
良な血統から生みだされる淡路ビーフ。その超一級の肉質と希少価値によ
り「幻の淡路ビーフ」と謳われています。その淡路ビーフの中でも共進会
で名誉賞(グランドチャンピオン牛)に選ばれた最高級淡路ビーフをホテ
ルニューアワジグループが3年連続で一頭まるごと購入しました。

このグランドチャンピオン牛を、渚の荘 花季では厳選した三種類のお料
理でご堪能頂きます。芳醇かつ濃厚な旨味を閉じ込めたローストビーフの
「握り」、香ばしい自家製こだわり味噌の薫りが食欲をそそる「陶板焼」
さらには粗めに卸した大根で煮込んだとろけるような食感の「みぞれ鍋」
をご用意しました。他にもその日におすすめの旬魚のお造りや、淡路玉葱
と秋茸の天麩羅など、チャンピオン牛を彩る会席をお愉しみください。

◆【第3回】比類なきKing of Beef
 淡路ビーフ「チャンピオン牛」を味わうSpecial Days 特集ページ◆
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=284

◆渚の荘 花季 淡路ビーフ「チャンピオン牛」特別宿泊プラン◆
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=285

11月1日(土)〜12月10日(水)の40日間限定でご提供しています渚の荘 花季
の「チャンピオン牛」特別宿泊プランも徐々に残り少なくなってきていま
す。予定数量に達し次第、受付を終了とさせて頂きますので、この機会に
お早めにご予約くださいませ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 淡路島にまた一つ、新ご当地グルメ“生サワラ丼”が登場!
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=286
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆様、ここ淡路島にまた一つ新しいご当地グルメが誕生しました。

その名も“淡路島の生サワラ丼”!

これまで淡路島では“淡路島牛丼”や“生しらす丼”といった島の特産食
材を用いた丼物が登場し今もなお人気を博していますが、今回は淡路島の
中心部・洲本市五色町の特産魚「鰆」を使った丼が登場しました。島の近
海で獲れた鰆の刺し身を醤油などに漬けた「づけ丼」、鰆のアラで取った
出汁を注ぐ「茶飯」といった同町の郷土料理をモデルに、各店がさらに工
夫の味付けでお届けする、これぞまさにご当地グルメ。

“生サワラ丼”は現在9つのお店でお召し上がり頂けますが、一部のお店
では予約が必要となります。中には事前にご予約頂けないお店もあります
ので、気になる一品が見つかったら売り切れる前にお早めにどうぞ。

また、渚の荘 花季を含めホテルニューアワジグループでも旬のお造りや
炙りなどで、裏旬を迎えた秋の鰆をご提供中です。是非、甘みの乗った淡
路島の鰆をお召し上がりに来てくださいね。

★“淡路島の生サワラ丼”について詳しくはこちらから★
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=286


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 歴史ロマン溢れる弥生時代の遺跡“五斗垣内遺跡”
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=287
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

淡路島北部に五斗長(ごっさ)と呼ばれる集落があります。この五斗長に衝
撃が走ったのは2001年のことでした。集落内の農地の下から、なんと弥生
時代後期(1800〜1900年前)の遺跡が現れたのです!その遺跡からは建物跡
以外に斧や、矢じりなど100点を超える鉄器も発掘され、当時大変貴重な
鉄を加工する鍛冶屋の集落であったと考えられています。

弥生時代後期というと、あまりに昔過ぎて想像しづらいのですが、簡単に
言えば「邪馬台国の女王・卑弥呼」が現れる少し前となります。こう言わ
れれば、あぁ、そんなに昔の遺跡なのか、と小学校の歴史教科書にイラス
トで紹介されている卑弥呼の顔を思い浮かべてしまいますね。

そんな鉄器づくりの村の跡“五斗長垣内(ごっさかいと)遺跡”には、シン
ボル遺跡の鉄器工房や、五斗長の野菜を使ったカフェ「まるごキッチン」
など、訪れる者を楽しませてくれる施設がいっぱい。また先日は遺跡への
来場者数が延べ1万人を突破するほど知名度が高まってきています。

おいしい野菜や珍しい遺跡、おだやかな瀬戸内海の眺望・・・。数えきれ
ないほどの魅力溢れる五斗長をぜひ体感してみてはいかがでしょうか。

★詳しくはこちらから★
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=287

11月30日(日)まで「里山の写真コンテスト」が開催されています。秋の美
しい里山の風景を撮影して、特産品をゲットしてくださいね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5] 2014 すもとの夕日フォトコンテストのご案内
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=288
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

只今、ここ淡路島の洲本市では“2014 すもとの夕陽フォトコンテスト”
が開催中です。

皆様は夕陽と聞くとどのような風景を思い浮かべますか?私の場合、時間
と共に沈みゆく夕日と移り変わる夕刻のオレンジ色から藍色へのグラデー
ションが広がりますが、皆様はいかがでしょう。

昨年は「2013 五色の夕日フォトコンテスト」として実施されたこの企画、
今年は洲本市全域となりました。淡路島の西海岸に位置する五色町は夕日
をご覧頂ける絶景スポットが数多く存在しますが、洲本市は淡路島の東海
岸に位置し、直接夕日を望むことができません。が、黄昏時の空は息をの
むほどの美しい表情を見せてくれます。

私のオススメは、洲本市の三熊山山頂に佇む洲本城跡から望む風景。南西
方向には洲本平野が広がり、淡路富士とも呼ばれる先山(せんざん)を包み
込む茜色の夕景は、あまり他の方には教えたくない(笑い)スポットの一つ
です。

コンテストは「夕景自慢の部」「夕やけ小やけの部」の二部門で実施され
ますが、それぞれで同じ写真や類似写真は応募できないとのことですので、
両部門を狙う場合はいくつかを巡って、暮れゆく夕陽の美しい表情を収め
てくださいね。

★詳しくはこちらから★
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=288


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 神戸ベイシェラトンホテル&タワーズWhat's New?
  http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=169
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2011年12月にホテルニューアワジグループとして新たなる一歩を踏み出し
た、神戸六甲アイランドに佇むランドマークホテル「神戸ベイシェラトン
ホテル&タワーズ」。

こちらの。What's New? では、シェラトンの最新ニュースをお届けさせて
頂いています。


◆【忘・新年会プラン☆Year-End Party& New Year Party】

クリスマスパーティや忘年会・新年会はゆったりと時が流れる美食と、く
つろぎの空間で華やかに。ホテルシェフが厳選された素材を熟練の技と真
心で調理し、洗練された料理に仕上げます。
宴会後は、源泉かけ流しの天然温泉「濱泉」で至福のひとときを。

 ●詳しいご案内はこちらをご覧くださいませ
   http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=289


◆【中国料理レストラン「翠亨園」特製 中国料理おせち】

中国四千年の歴史が奏でる豊穣な味わいと洗練されたシェフの技。
お正月はご家庭で中国料理「翠亨園」の美味をご堪能ください。
世界のシェラトンがお届けする料理長厳選素材の特製おせち料理をご自宅
でお楽しみ頂けます。

 ●詳しいご案内はこちらをご覧くださいませ
   http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=290


■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

かさっ、かさっと紅い絨毯を踏みしめる音が心地良いこの頃、以前のメー
ルマガジンで私の好きなシーズンは“秋”とお伝え致しましたが・・・、
ついに立冬を迎えてしまいました。年々、この“秋”というシーズンが大
分短くなっている気がするのは私だけでしょうか。

先日、お隣さんから珍しい花(?)を頂きました。南天のように赤い実が美
しい「千両」です。千両はお正月飾りとしても有名ですが、今まで頂いた
ことがありませんでしたので嬉しくもあり、冬の足音がもうすぐそばで聞
こえていることを改めて実感しました。

ですがまだまだ秋を満喫するぞ!ということで、早速秋の食を愉しんでき
ました。今回のトピックでもご案内致しましたサワラ丼を、提供初日に頂
いてきました。行ったのは洲本市街地にある“淡路ごちそう館 御食国(み
けつくに)”の淡路島のあぶり鰆丼。名前のとおり炙った鰆が所狭しと丼
に盛り付けられ、薄口と濃い口の二種類の醤油だれを掛けて頂きます。
こちらではお茶碗としゃもじが付いていますので、半分はお茶碗で薄口の
タレで、残り半分は丼で濃いめのタレでと混ざることなく愉しめるのが嬉
しいところ。個人的には秋鰆の甘みに濃いめのタレがベストマッチだと思
いました。是非皆様も、淡路島の新しいグルメ“生さわら丼”を味わって
みてくださいね♪

それでは皆様、また次号でお会いいたしましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございました。
※バックナンバーは下記のURLからどうぞ。
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=176
※配信停止をご希望の場合は、大変恐れ入りますがそのままご返信くださ
いませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

編集:ホテルニューアワジグループ インターネット予約センター
編集担当:下薗 琢巳
発行:渚の荘 花季
〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷1053番16
TEL:0799-23-0080 FAX:0799-23-0083
ホームページ:http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=1
メール:mailto:rsv@awajihanagoyomi.com

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

Page Top