メルマガ バックナンバー

  • HOME
  • メルマガ バックナンバー
2014/09/21 16:47:49
  • 渚の荘 花季 メンバーズ通信 No.27

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         渚の荘 花季 メンバーズ通信 No.27

      http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2014年 9月21日■□■

皆様、こんにちは。
渚の荘 花季の下薗です。

九月も中旬を過ぎ、朝晩は大変過ごしやすい気候となってきました。それ
もそのはず暦の上では白露を迎え、時折目の前を音も無く通り過ぎるアキ
アカネの群れに、本格的な秋の訪れがすぐそこまで来ていることを感じさ
せます。皆様もふと空を見上げると、いつの間にかひつじ雲やすじ雲が広
がっていたり、それまで鳴いていた蝉の声も聞こえなくなっていることに
気付いたことがありませんか?
暦便覧では「陰気やうやく重りて、露にごりて白色となればなり」と詠ま
れます。当時の人々は暑気に冷ややかさが混ざり始めるこの頃の朝露を見
て、秋の深まりを肌で感じていたのですね。

そして白露の頃は作物が実りを迎え、各地で収穫祭などの秋祭りが行われ
るようになります。この秋祭りですが、収穫を祝う祭りであると共に、春
の田植え前に迎えた田の神様を山へお送りする祭りでもあります。このと
きに行われる歌舞が、後に神楽(かぐら)や能に発展していったとも言われ
ています。

また、九月を和名で長月と呼び、この頃から夜が長くなることでそう呼ば
れるようになりました。秋の夜長には虫達の鳴き声をBGMに、ゆったりと
読書など贅沢な時間を楽しみたいものですね。

今回のメールマガジンでは、そんな“秋”にお薦めのイベントや味覚を中
心にお届けして参ります。

それでは「渚の荘 花季 メンバーズ通信」のスタートです。
ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

---☆!☆Check☆Check☆!☆-----------------------------------

花季のご予約はこちらからどうぞ。
空室状況が一目でわかるカレンダーをご利用下さい。

★渚の荘 花季 空室カレンダー★

http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=159

━━<INDEX>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■トピックス

[1] 花の島・淡路島で愛でる“淡路花祭2014秋”のご案内
[2] 旬を迎えた秋の味覚“紅葉鯛”をご堪能ください
[3] 御食国プロジェクト“島スイーツ”のご案内
[4] 芸術の秋、淡路島へ陶芸体験の旅へ出掛けましょう♪
[5] 伊弉諾神宮で七回目を迎える“三大神話 神楽祭”が開催

■神戸ベイシェラトンホテル&タワーズWhat's New?

■編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 花の島・淡路島で愛でる“淡路花祭2014秋”のご案内
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=266
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆様、秋の花といえば何を思い浮かべますか?私の場合、あまりに普通す
ぎるかもとも思うのですが、やはりコスモスです。風にそよぐピンク色の
コスモスを目にすると、いよいよ秋の到来を感じずにはいられません。

そんな季節の花々を身近に楽しんで頂く、“淡路花祭”がこの秋も開幕し
ました。本イベントは花と緑あふれる公園島・淡路島で花を愛で、ゆった
りとしたくつろぎの時間をお過ごして頂ければと毎年春と秋に行われてい
ます。勿論コスモス以外にも沢山の花々をご覧頂けます。

また、期間中は淡路島内の観光名所を巡って、花の文学や物語に関するク
イズの正解スタンプを集めると、淡路ビーフや島スイーツ、淡路甘玉ねぎ
など、島を代表する特産品が当たる“花物語クイズラリー”も開催されま
すので、親子で楽しく淡路島散策をしながらスタンプを集めてくださいね。

≪淡路花祭2014秋≫
【開催期間】2014年9月20日(土)〜2014年11月9日(日)
【関連施設】
兵庫県立淡路島公園/路島国営明石海峡公園/淡路夢舞台/奇跡の星の植
物館/兵庫県淡路景観園芸学校/あわじ花さじき/淡路市立香りの公園/
パルシェ香りの館/ウェルネスパーク五色/淡路ファームパーク・イング
ランドの丘/うずしおドームなないろ館
【問合せ先】淡路花祭推進協議会 TEL:0799-24-2001

★詳しくはこちらから★
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=266


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 旬を迎えた秋の味覚“紅葉鯛”をご堪能ください
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=267
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

淡路島近海で獲れる真鯛は、北の明石海峡、南の鳴門海峡と潮流の早い中
でもまれることで身が引き締まり、また、春は産卵に向けて、秋は越冬に
向けて海老や蟹といった栄養価の高い餌を豊富に得ることで上質な脂がの
り、旨味が増してきます。この秋の真鯛を“紅葉鯛”と呼び、ここ淡路島
の鯛は明石鯛、鳴門鯛と呼び島内外でも高級魚として名を馳せています。
また、南あわじ市丸山漁港で獲れた鯛は「献上鯛」として大正、昭和、平
成と三代にわたって天皇に献上したことでも有名です。

ところで、魚介の中には旬が二度訪れるものが多くあります。一般的な旬
とその対になる旬の裏(裏旬)があり、有名なものでは晩春の鮎に対する
秋の落ち鮎、読んで字のごとく春の鰆に対し秋のもどり鰆などが挙げられ
ます。そして真鯛も同様に裏旬の紅葉鯛として有名なのです。

そんな秋の真鯛を存分に愉しんで頂くスペシャルプランを今年もご用意致
しました。味覚の秋に相応しい、淡路島の紅葉鯛をこの機会に是非お召し
上がりくださいませ。

★【秋限定】紅葉鯛姿造りと宝楽焼スペシャル★
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=267


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 御食国プロジェクト“島スイーツ”のご案内
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=268
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここ淡路島では、食の“プロジェクト”がここ数年で増えてきています。
淡路島牛丼プロジェクトや淡路島バーガーなどはこれまでのメールマガジ
ンでもお届けしていますが、今回は“御食国プロジェクト”の一つ、島ス
イーツをご紹介致します。

島スイーツは『淡路島産の牛乳・フルーツ・たまご・玉ねぎ』のいずれか
の素材を使って作られたスイーツ達です。淡路島は何と言っても食糧自給
率100%超を誇る食の宝庫。そんな魅力的な素材を使い、島のパティシ
エがそれぞれの特徴を活かしたオリジナルスイーツを作り上げました。

そんな淡路島が誇る島スイーツをいくつかご紹介致します。

【八狸(やだぬき)おれんじ】
洲本市内の洋菓子店「ヒロタヤ」さんで販売しているパウンドケーキ。
なんと地元の高校生とヒロタヤさんの共同開発です!淡路島南部でしか作
られていない希少な鳴門オレンジを生地に練り込み、しっとりとした口あ
たりでお薦めの一品。チョコレートを混ぜ込んだタイプのものも本来なら
ばあるのですが、店主に伺ったところ、残念ながら「暑い時期は溶けてし
まうので、この時期は作っていない」のだそう。パッケージのイラストも
高校生がデザインしたもので、ポップに仕上がっています。

【shintama(しんたま)】
こちらも洲本市内にある洋菓子店「日洋堂」さんで販売しているケーキ。
見た目は「これって、玉ねぎでは?」と思えるほどで、名前の通り淡路島
が誇るブランド食材の玉ねぎを模していて、昨今はメディアでよく取り上
げられていますので、ご存知の方もいらっしゃるかも知れません。
玉ねぎをコンフィにして、スポンジケーキとホイップの生地の上に貼り付
けています。甘みの後から玉ねぎの風味が味わえる、ちょっと変わった味
覚が新しいshintama。サービスでアイスクリームを添えて頂ける、イート
インがお薦めです。

他にもいくつか巡りましたが、午後になると品切れになる商品もいくつか
ありました。菓子工房エクレールさんで販売される『いざなぎロール』は
店主より「事前のご予約も賜っています」とのことですので、お目当ての
スイーツが見つかったらご予約され確実に手に入れてくださいませ。

★御食国プロジェクト 島スイーツについて詳しくはこちらから★
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=268


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 芸術の秋、淡路島へ陶芸体験の旅へ出掛けましょう♪
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=269
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆様、淡路焼をご存知でしょうか。決して明石焼とか広島焼といった、食
べ物の一種ではございませんよ?

淡路焼とは別名みん平焼(みんぺいやき、みんは王偏に民)とも呼ばれる、
淡路島を代表する焼物です。江戸時代後期に三原郡(現南あわじ市)の伊賀
野村で、賀集みん平の手により創り出された焼物で、明治27年に刊行され
た「淡路国名所図絵」にも伊賀野陶器として紹介されています。

淡路焼の特徴は鮮やかな色彩で、当時は誰も作り得なかった中国の名品で
ある“黄南京”などの焼成も成功させたほどなのだそうです。また、陶器
の多様性にも富み、京焼の色絵陶器写しや中国陶磁写し、さらには漆器や
金属器を写したものまで作られています。

そんな淡路焼を気軽に体験できる、淡路島の陶芸教室兼ギャラリーが“青
陶苑(せいとうえん)”です。青陶苑は当館からお車で15分ほどのところに
あり、山の斜面を利用した登り窯と呼ばれる窯で焼き上げます。青陶苑で
の陶芸体験では、作陶手順を丁寧に指導して頂きながら、お皿や茶碗など
を数点作ることができる、初心者の方でも楽しめる内容となっています。

淡路島にお越しの際には、陶芸の世界に触れてみてはいかがでしょうか。

≪青陶苑≫
【所 在 地】〒656-0051 兵庫県洲本市物部541-2
【電話番号】0799-22-3143
【体験費用】3,500円

★詳しくはこちらから★
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=269


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5] 伊弉諾神宮で七回目を迎える“三大神話 神楽祭”が開催
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=270
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

古事記や日本書紀といった歴史書も登場する国生み神話の情景を、今もな
お色濃く残す淡路島。伊弉諾大御神、伊弉冉大御神が日本を創造した際に
最初に誕生したのが淡路島といわれています。これら二神を祀る、淡路島
随一のパワースポットとして有名な伊弉諾神宮で、9月23日(火)に“三大
神話 神楽祭”が開催されます。

天孫降臨を伝承する日向神話の一節、天照大神が天岩戸に篭もられた際に
岩戸の前で舞い踊った物語を演じる「高千穂の夜神楽」。その天照大神が
天岩戸に篭もるきっかけとなった素戔嗚尊が、神々がおわす高天原を追放
された後、八岐大蛇を退治する「出雲神話」。
この二つの神話と、伊弉諾・伊弉冉の二神による国生み神話の“三大神話”
を神楽で競演する、そんな厳かなひとときをお楽しみください。

【所 在 地】〒656-1521 兵庫県淡路市多賀740
【開 催 日】2014年9月23日(火)
【問合せ先】せきれいの里(伊弉諾神宮内)
【電話番号】0799-70-1010(10:00〜17:00)

★第七回 三大神話 神楽祭について詳しくはこちらから★
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=270


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 神戸ベイシェラトンホテル&タワーズWhat's New?
  http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=169
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2011年12月にホテルニューアワジグループとして新たなる一歩を踏み出し
た、神戸六甲アイランドに佇むランドマークホテル「神戸ベイシェラトン
ホテル&タワーズ」。

こちらの。What's New? では、シェラトンの最新ニュースをお届けさせて
頂いています。


◆ 実りの秋 兵庫・淡路島フェア開催中♪

9月1日から10月31日までの2ヶ月間、神戸ベイシェラトン ホテル&タワー
ズでは、兵庫・淡路島から選りすぐりの食材を用いホテルシェフ達がそれ
ぞれの趣向を凝らしたお料理で、お客様に生産者の思いを伝える“兵庫・
淡路島フェア”を開催中です。
地産地消にこだわった兵庫や淡路島ならではの旬の味覚をご堪能ください。

 ●詳しいご案内はこちらをご覧くださいませ
   http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=271


◆“The 33rd Kobe Bay Sheraton Wine Festival”のご案内

今回で33回目を迎える人気のイベント。入口でグラスを受け取ったら、世
界各国のワインのテイスティング(試飲・一部有料)をお楽しみください。
恒例の利き酒コンテストやワインと料理のマリアージュ、スペシャルライ
ブも開催されます。
ワインの魅力と華やかでカーニバルな雰囲気を存分にお楽しみください。

 ●詳しいご案内はこちらをご覧くださいませ
   http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=272


■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

唐突ですが、皆様一年の中で一番好きな季節はいつでしょうか?

私は“秋”です。検索サイトで“日本人 好きな季節”なんて調べてみま
すと、春や秋と答える方が多いようです。秋が好きな理由は何ですか?と
問われますといくつかあるのですが、私の場合は生まれ月が秋だったこと
も関係し、身体が秋の雰囲気を求めているようにも思います。そして、ト
ピックスでも触れていますが、ここ淡路島の食の豊富さ、ましてや秋とな
りますと食欲にも拍車が掛かるというものです。

天高く馬肥ゆる秋といいます。秋は空気が澄み始め、これまでは低い位置
にあった雲が高いところに現れる様子を、そして何より“馬が肥える”よ
りもどちらかと言えば私たち人々の方が、厳しい夏を乗り切り、豊饒な秋
の恵みを受け、ちょっと緩んでしまいがちなシーズンでもあります。私も
最近は身体を使う機会が減ってしまい、ちょっとゆったりとした体つきと
なってきていますが、島スイーツや旬の食べ物など誘惑の多い淡路島です
ので、さもありなんといったところです。

これから本格的な秋を迎えます。食・芸術・温泉など、淡路島には秋の楽
しみがいっぱい。今後も皆様のご旅行に彩りを添える情報をご案内できる
よう、配信させて頂きます。

それでは皆様、また次号でお会いいたしましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございました。
※バックナンバーは下記のURLからどうぞ。
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=176
※配信停止をご希望の場合は、大変恐れ入りますがそのままご返信くださ
いませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

編集:ホテルニューアワジグループ インターネット予約センター
編集担当:下薗 琢巳
発行:渚の荘 花季
〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷1053番16
TEL:0799-23-0080 FAX:0799-23-0083
ホームページ:http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=1
メール:mailto:rsv@awajihanagoyomi.com

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

Page Top