メルマガ バックナンバー

  • HOME
  • メルマガ バックナンバー
2017/11/17 16:23:34
  • 渚の荘 花季 メンバーズ通信 No.59

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         渚の荘 花季 メンバーズ通信 No.59

      http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=653

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2017年11月17日■□■

皆様、こんにちは。
渚の荘 花季の遠藤です。

今年も立冬を過ぎ、ますます肌寒くなって参りました。 立冬は「冬の気立
ち始めて、いよいよ冷ゆれば也」と言うように、冬至に向けて冬の迫る足音
をすぐ近くに感じる時季です。

先日は、電柱のちょっとした隙間を覗いた際に小さな緑色の蛙が丸まって眠
っている姿を見かけました。多くの蛙は川や土の中で越冬するようですが、
よほど居心地がよかったのでしょうか。
無事にかえる、お金がかえる、などの語呂合わせで古くから縁起物として知
られる蛙。思いがけず可愛らしい蛙の姿を発見して、気分もほっこりと和み、
何か良いことがありそうな気がしてきました。

11月から2月にかけての時期は、一年の中でも降水量の少ないシーズンです。
休日はいつもより少し足を伸ばして、普段なかなか出会えない風景を探しに
でかけるのもいいかもしれません。

それでは、淡路島の旬情報をお届けする「渚の荘 花季 メンバーズ通信」の
スタートです。
どうぞ最後までごゆっくりとお付き合いくださいませ。

━━<INDEX>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ トピックス

[1] 冬季限定“淡路島3年とらふぐ”の季節
          〜芳ばしいひれの香りを楽しむあつあつひれ酒〜
[2] 来年春にも利用開始!洲本温泉の新たな泉源
[3] 「アート山 大石可久也美術館」で本格芸術体験
               〜島の自然に描きだす“美”〜
[4] サイクリストに朗報♪大鳴門橋で自転車の輸送サービス
[5] 旨みたっぷり!淡路島ポーク(猪豚)の美味しさの秘密とは?

■ 神戸ベイシェラトンホテル&タワーズWhat's New?

■ 編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 冬季限定“淡路島3年とらふぐ”の季節
            〜芳ばしいひれの香りを楽しむあつあつひれ酒〜
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=429
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

冬の味覚といえば、なんといっても河豚(ふぐ)。
今年も「淡路島3年とらふぐ」の季節がやって参りました。

淡路島の冬を彩るブランド食材「淡路島3年とらふぐ」は3年の歳月をかけて
大切に育てられ、2年物に比べて1.5〜2倍もの大きさになり、食べ応えも抜
群。コラーゲンたっぷりの皮やぷりぷりと引き締まった身、そして大ぶりで
まろやかな白子等、天然のふぐにも引けを取らない旨みを持ち、食通の舌を
愉しませています。

そんな淡路島3年とらふぐを存分にお召し上がり頂く渚の荘 花季のご夕食コ
ースに必ず登場するのが、炙った鰭(ひれ)と日本酒の香りを愉しむあつあ
つの“ひれ酒”。多くの場合は、熱が逃げないようフタ付の器で提供され、
飲む直前に酒にマッチの火を点し、香りと旨みが増したところを頂きます。
ふぐのコースでは、このひれ酒を一番の楽しみにしている方もいらっしゃる
ほどです。

渚の荘 花季のひれ酒は、じっくりと低温で旨みを引き出した淡路島3年とら
ふぐのひれと、淡路島を代表する酒造「千年一酒造」の日本酒を使用してい
ます。「千年一酒造」の日本酒は、お米の優しい甘みを感じさせながらも、
ひれの芳ばしい風味を損なわないシンプルな味わいが特徴です。
「全国新酒鑑評会」では金賞を受賞した名蔵「千年一酒造」の上質な酒と、
島の味覚“淡路島3年とらふぐ”をかけ合わせた特別なひれ酒を、ぜひ渚の
荘 花季でご堪能くださいませ。

※アルコールが苦手な方は、ひれ酒をふぐスープにご変更させて頂きます。
 ご予約の際、お気軽にお申し付けくださいませ。

◆淡路島3年とらふぐ特集ページ
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=705

◆淡路島3年とらふぐを味わう宿泊プランはこちら
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=429

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 来年春にも利用開始!洲本温泉の新たな泉源
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、洲本温泉に嬉しいニュースが走りました。
かねてから掘削作業が進められていた洲本温泉街の一角で、新たな泉源が誕
生したというものです。

新たな泉源の湯はアルカリ性の単純温泉で、肌に滑らかな手ざわりが特徴。
これまで洲本温泉(単純弱ラドン泉)として長らくご利用頂いていた温泉よ
りも揚水量が多く、地下1,500メートルの深さからくみ上げるため、湯温も
47度とより高温になります。

新たな温泉は、来春にも洲本市にあるホテルニューアワジグループの各施設
でご利用頂ける予定です。どうぞお楽しみに。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 「アート山 大石可久也美術館」で本格芸術体験
                    〜島の自然に描きだす“美”〜
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=710
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

淡路島の森の中に、ひっそりと佇むお洒落な美術館をご存知ですか?

「アート山 大石可久也美術館」は、淡路夢舞台に隣接する森の中の美術館。
淡路島出身の洋画家 大石可久也氏の大小様々な作品が展示されているだけ
でなく、手づくりのぬくもりに溢れた小さなギャラリー小屋のお洒落で可愛
らしい展示にホッと心が和む美術館です。
ギャラリーでは絵画、絵葉書、その他グッズの購入も可能。カフェ併設のた
めちょっとした休憩にドリンクや軽食も楽しめ、前日までに予約をすれば絶
品パスタランチも味わえるという、知る人ぞ知る淡路島の穴場スポットです。
毎月第3土曜日には「アートと遊ぶ会」が開催され、リースづくりやお茶会、
オブジェづくりなどの催しも。開催月によって内容が異なりますので、公式
HPをご確認ください(要予約)。

アート山から見下ろす風景は、大阪湾を一望する海景色。山の斜面に沿って
ぽつりぽつりと点在する作品たちをじっくりと眺めながら、自然に囲まれた
豊かな土地と調和した本格芸術の“美”の世界に浸ってみてはいかがでしょ
うか。

◆アート山 大石可久也美術館
場所:〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2159番地
開館:10時から17時 ※月・火は休館(冬季休館日:12月25日〜1月10日)
入場料:大人500円(15歳以下無料) Tel:0799-74-5565
アクセス:淡路夢舞台より遊歩道を歩いて約8分
     お車で直接アート山へお越しの際は、淡路IC(神戸淡路鳴門自動
     車道)より約5分
公式HP:http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=710

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] サイクリストに朗報♪大鳴門橋で自転車の輸送サービス
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=711
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今や三百万人を超えると言われる、サイクリング人口。
中でもロードバイク、クロスバイクなどスポーツバイクの人気はじわじわと
増加しており、2010年代に入ってからの年間売り上げ台数は、2000年代に比
べて2倍以上の増加を見せています。
淡路島でも、島内を一周する年に一度のサイクリングイベント「淡路島ロン
グライド150(通称:アワイチ)」は毎回大盛況を収め、一日に走るちょう
どよい距離150kmで淡路島を一周できること、そして島の長閑な風景を楽しみ
ながらサイクリングできることで人気を集めています。

そんな淡路島ですが、島であるがゆえ、島外のサイクリストにとっては大鳴
門橋を自転車で渡れないことがネックになっていました。
そこで2017年10月より、自転車をトラックに積み込んで淡路―鳴門間を運ぶ
「海峡またぎ」の輸送サービスがスタート!

利用者はバスで大鳴門橋を渡り、自転車は緩衝材をつけて安全にトラックで
輸送して貰えます。これまで難しかった四国と淡路島をまたいでのサイクリ
ングが容易になり、鳴門の「鳴門スカイライン」や淡路島の「プロポーズ街
道」など、魅力的な景観を自転車で巡りやすくなりました。
この機会に、あなたも淡路島一周のサイクリングに挑戦してみませんか?

◆海峡またぎ(輸送)サービス
・輸送サービスは土・日・祝のみの運行で、各方面のバスは一日3本です。
・土日は金曜17時まで、祝日は前日17時までにご予約ください。
※詳しくはこちら
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=711

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5] 旨みたっぷり!淡路島ポーク(猪豚)の美味しさの秘密とは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

食の宝庫、御食国(みけつくに)淡路島を代表する豚といえば・・・、
猪豚とデュロック種との交配によってうまれた“淡路島ポーク”です。

猪豚とは、鹿児島の高級肉「黒豚(バークシャー種)」と猪の交配種。
その猪豚とデュロック種の長所を併せ持った淡路島ポーク(淡路いのぶた)
は、豚肉よりもきめ細かい肉質をもち、臭みもなく、柔らかいコクのある脂
身を特徴とします。さらに淡路島ポークに多く含まれる不飽和脂肪酸のオレ
イン酸は、悪玉コレステロールを低減し、胃潰瘍や高血圧などの予防にも効
果があります。

生後6ヶ月齢以降は抗生物質を与えられず、非遺伝子組換えトウモロコシや
大豆などの飼料にこだわって、通常の1.5倍の時間をかけ大切に育てられた
淡路島ポーク。料理王国100選(2017年)では生鮮食品部門で優秀賞を獲
得しました。
その美味しさの秘密は、安心・安全にこだわった飼育法と、各種の豚の良い
所をとりあわせた「サラブレッド豚」ならではの旨みにあります。

そんな淡路島ポークを、淡路島が生産量NO.1を誇る「いぶし瓦」の上で焼い
て食べられるお店があります。瓦作り体験で有名な「安冨白土瓦」内のレス
トラン「淡路島 かわらや」では、高温に熱した瓦の上で淡路島ポークを焼
き上げる“かわら焼き”が大人気。溶けた脂にも旨みがあるため、淡路島ポ
ークだけでなく、淡路島玉ねぎなどその他の食材も今まで味わったことがな
い特別な美味しさに。
リピーター続出のかわら焼き体験で、淡路島ポークの旨みをご堪能ください。

◆淡路島 かわらや(安冨白土瓦)
場所:〒656-0312 南あわじ市松帆脇田105-2
営業:11時から21時(食事)※不定休 TEL:0799-36-2303
アクセス:西淡三原IC(神戸淡路鳴門自動車道)より車で約3分
公式HP:http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=713

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 神戸ベイシェラトンホテル&タワーズWhat's New?
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=662
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2011年12月にホテルニューアワジグループとして新たなる一歩を踏み出し
た、神戸六甲アイランドに佇むランドマークホテル「神戸ベイシェラトン
ホテル&タワーズ」。

こちらの「What's New?」では、神戸ベイシェラトンの最新ニュースをお
届けしております。

◆ 1月1日(月)・1月2日(火)ニューイヤーカーニバル開催!

新年のお祝いは、ぜひ神戸ベイシェラトンホテル&タワーズの「ニューイヤ
ーカーニバル」で!元日と二日にかけて、ランチ・ディナーともにバラエテ
ィ豊かな30種以上のブッフェメニューやビーフステーキ、お寿司や北海道産
の本ズワイガニなどの特別なメニューをご用意いたしました。
その他にも、家電製品・宿泊券など豪華商品が当たるビンゴゲームや縁日な
ど、大人様からお子様までにぎやかに過ごせる催しがいっぱいです。

・詳しいご案内、ご予約はこちら
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=712


◆ フランス式エステサロン「キャビン・ミィモザァ」で贅沢な休日

神戸ベイシェラトンホテル&タワーズのエステサロン「キャビン・ミィモザ
ァ」は100%天然素材のトリートメントにこだわる隠れ家のようなサロン。
お勧めは、健康・美容に良いと近年注目されている発酵食品のお酒を使った
オリジナルコース。酒処「灘」の酒粕を用いたトリートメントで、日本酒に
含まれるタンパク質、ビタミンB1や葉酸、パントテン酸、食物繊維などの効
果をじっくりと感じることができます。

・詳しいご案内はこちら
http://www.yumekaiyu.com/u.php?id=479

皆様、魅力たっぷりの神戸ベイシェラトンホテル&タワーズへぜひお立ち寄
りくださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

冒頭でもふれました通り、これから冬至にかけては冬に向けての準備期間と
言われ、日に日に寒さが増して参ります。

淡路島は一年に2〜3回程度しか雪が降らない温暖な気候で、降水量が少ない
「瀬戸内海式気候」に属しています。
夏場は水が不足しやすい気候のため、農業で発展してきた淡路島には多数の
ため池が存在しているのですが、その数はなんと2万3千!全国1位の兵庫県
(約3万8千箇所)の中でも大多数が淡路島にあるのです。そんな淡路島のた
め池のほとんどが、江戸時代以前に作られたもの。淡路島では古くから、自
然とうまく向き合いながら発展を遂げてきたということを改めて実感いたし
ます。

雪がめったに降らないとはいえ、淡路島も冬は海風が冷たく、外出には上着
が必須。冬の淡路島へおでかけの際は、温かくしてお越しくださいね。
それでは皆様、また次号でお会いいたしましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※最後までお読み頂きまして誠にありがとうございました。
※バックナンバーは下記のURLからどうぞ。
http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=665
※配信停止をご希望の場合は、大変恐れ入りますがそのままご返信くださ
いませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

編集:ホテルニューアワジグループ インターネット予約センター
編集担当:遠藤 夏実
発行:渚の荘 花季
〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷1053番16
TEL:0799-23-0080 FAX:0799-23-0083
ホームページ:http://www.awajihanagoyomi.com/url.php?id=666
メール:mailto:rsv@awajihanagoyomi.com

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

Page Top